2006年05月31日

ポールソン米財務長官の誕生

昨日、スノー財務長官が辞任し、ブッシュ米大統領はゴールドマンサックスのポールソン氏を財務長官に指名しました。
「ポールソン氏は米貿易相手国の柔軟な為替政策維持に努める見通し」とその任務を位置付けています。
また、「スノー長官は不確実性の時代にリーダーシップを発揮した」と、たたえていますが、結局スノー長官は貿易と財政の双子の赤字拡大の責任を取らされたのではないでしょうか... がく〜(落胆した顔)
 
ドルは米財務長官後任人事を巡る動きで軟調になり、消費者信頼感指数(5月)の結果が予想を上回ったものの下げは止まらず、一時111.66 を付けましたが、その後の戻りで112.09で引けています。
ユーロは堅調で、始値から95pips高い144.33で終わっています。
ポンドは陰陽師の思惑通り、再び211円台まで戻してきました... 今後、213円超えを目指しての上昇が見られるのでしょうかexclamation&question
今夜は、いよいよAM 3:00にFOMC議事録の発表があります... 米の利上げの有無に係らず相場は大きく動くものと思われます。

陰陽師は、昨夜はトレードを、お休みしました。
というか、デイトレ用に検討中の、SAXO系システムECOISをデモトレードで試していたのですが...
スキャルとモロ指標時での成行注文を検証したのですが、結果はかなり良好でした。わーい(嬉しい顔)
SAXO系では、基本的にその時表示されているクォート表のレートで、そのままスカッとオーダーが通ります。exclamation×2
CMS系では、一旦サーバー側でオーダーを受けた後、受付時のレートと同じか、あるいは顧客側に不利なレートの場合にはオーダーが通りますが、業者側に不利なレートの場合には価格再提示となりオーダーが通りません。ちっ(怒った顔)
デイトレでは、一瞬のチャンスをものに出来るか否かが勝敗に大きな影響を与えます... これが出来なければ勝ち続けることは不可能でしょう。パンチ
ECOISのトレードシステムは、マルチドキュメントインターフェイスで多機能、分析ツール等も充実していると思います。
ただ、ポジションの評価が解りにくいのが難点かも知れません。
手数料が月19,800円の定額制というのは非常に嬉しいところです。(100枚以降の取引が無料となる)


ECOIS Trader

EcoisTr.gif

[デモトレード結果] 
GBP/JPY L 10枚 210.240 → 210.295    5.5 x 10= +     55
GBP/JPY L 10枚 210.195 → 210.325  13.0 x 10= +   130
USD/JPY L 10枚 112.325 → 112.395    7.0 x 10= +     70
USD/JPY L 70枚 111.780 → 112.175  39.5 x 70= + 2765
               合計 +3,020pips -20pips(手数料) = +300,000円

[デイトレ結果]
ノーポジション...

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

最近、気になるFXの会社

陰陽師は、デイトレ用のFX会社を探していたのですが、最近、ミスター証券という面白そうな会社を見つけました。
この会社の社長は、ファンドマネージャーやアナリストを経て、外為どっとコムの設立に関わり、同社の執行役員を勤めた経歴の持ち主だということです。
取引条件を調べてみましたが、国内のSAXO BANK系取引会社としては、今のところ最も条件の良い会社だと思います。exclamation×2
難点は、取引単位が大きい、レバレッジがそれほど高くない、値洗い方式のスワップが解り難い... ことぐらいでしょうか。
証拠金率が3%と、初期の資金はそこそこ必要ですが、メジャー通貨なら強制ロスカットが必要保証金額の50%なので、実質的には証拠金率は1.5%ということになります。
手数料が安くスプレッドが狭いので、かえって手数料無料の会社より実質取引コストは低くなるのではないでしょうか。がく〜(落胆した顔)
現在、陰陽師は、システムのデモバージョンをダウンロードして検証中ですが、なかなか良い感じです。むかっ(怒り)
以下に概要を紹介させて頂きます... 陰陽師は、決してこの会社の"まわしもの" ではありません。わーい(嬉しい顔)

[社   名]        ミスター証券株式会社
[資 本 金]        7億3,000万円
[FX 商品名]    ECOIS
[取扱通貨]    133通貨ペアー

[手 数 料]    片道1pip 
                      1回の取引単位が100,000通貨以上の場合
                      19,800円を超えた部分を翌月、口座に返却
            
[スプレッド]      USD/JPY   2 
                       EUR/JPY   2.5
                       EUR/USD  2
                       GBP/JPY   5 
                       GBP/CHF   6            
                       GBP/USD  3            
                       AUD/JPY   3 
                       NZD/JPY   5 
                       CAD/JPY   4 
                       CHF/JPY   2
            
[スワップ]     値洗い方式(ポジションに反映)
                 ミッドポイント金利
                 LIBOR(ライボー:London Inter Bank offered Rate)と
                 LIBID(ライビット:London Inter Bank Bit Rate)の中間値
[取引保証金]  取引金額の3%(メジャー通貨)
                       
[金融先物取引業登録]
          平成18年1月23日 関東財務局長(金先)第86号
            
[分別管理]   日証金信託銀行など

[U R L]        http://www.ecois.jp/
posted by 陰陽師 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FX会社情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ショートポジション・クローズ

週末の相場は、やや円安での推移となりました。
ドルの一連の指標も、個人所得の伸びに、やや陰りが見られたものの、ほぼ予想通りの結果で112.67と90銭ほど上値を伸ばしています。
CAD/JPYは米ドルに連れ高、EUR/JPYも底堅さをみせています。
EUR/USDは、ここ2週間程もち合いが続き、どちらに抜けるのか予断を許しません。
来週には、いよいよFOMC雇用統計米重要指標を控え、相場は大きな動きを見せることになるかも知れません。むかっ(怒り)
月曜日は、戦没者追悼記念日(Memorial Day)のため、欧州・米のマーケットは休場となります。
取引の薄い中、悪さを仕掛けてくる連中がいないとも限りません... 陰陽師も休場を決込むことにします。わーい(嬉しい顔)


[ 陰陽師の注目通貨 ]  GBP/JPY

GBPWeek.gif

注目のポン円ですが、値動きが少しおかしいようです。がく〜(落胆した顔)
天井からの下げであれば、少なくとも3日連続の大きな下げが、ポン円の通常の下げパターンです。
月曜日の欧州・米のマーケットの休場も、何か不気味な感じがします...
とりあえず陰陽師は、いったんポン円のショートポジションをすべてクローズすることにしました。
上のチャートはポン円の週足ですが、平均移動は、かなりの角度で上に向き、ローソク足は徐々に下値が切り上がってきており、あたかもボリンジャーバンドの上バンドの動きに追随しそうな雰囲気です。
あるいは、しばらくのもち合い後に、昨年末の213円超えを目指すように思えてなりません。
今回、もし下落があったとしても、結局は213円超えを目指すと考えられますので、陰陽師は213円近辺から売り上がりたいと思います。パンチ

[デイトレ結果]
ノーポジション...

[中長期ポジション]  -49,290円
GBP/JPY S 10枚 209.80 → 209.47 決済 +33pips  +15,570円
GBP/JPY S 30枚 209.31 → 209.50 決済  -19pips   -64,860円
マイナス・スワップが結構な金額です... ふらふら

posted by 陰陽師 at 09:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

スノー米財務長官の去就

以前より噂のあった、スノー米財務長官の6月頃の辞任を、米Wall Street Journal紙が今朝、報道していましたが、ブッシュ米大統領「スノー米財務長官から辞任の話は聞いていない」とこれを否定しています。がく〜(落胆した顔)
いったい、どうなっているのでしょうか?
昨日発表された米指標は、相変わらず、まちまちの結果で市場は右往左往、ドルは比較的狭い範囲での取引となりましたが、始値から1円強安い111.77で引けています。
今日の米指標発表は、個人所得(4月)/個人支出(4月) : コアPCEデフレータ前年比(4月)、ミシガン大学消費者信頼感指数(5月確報値)となっていますが、コアPCEデフレータに注目です。むかっ(怒り)
さて、週末の相場は、どのような展開になるのでしょうか... なお、月曜日の米・英市場はお休みとなっています。


[ 陰陽師の注目通貨 ]  GBP/JPY

GBP_JPY3.gif


注目のポン円ですが、昨日はロンドン市場より大きく下げ始め、始値から178pips安い209.26で引けています。
はたして今回は、最短3日で底まで到達するポン円の、いつもの爆下げのパターンが期待できるのでしょうか... むかっ(怒り)
陰陽師が帰宅した時には、ポン円の下げも終盤に近く、売り増しのチャンスを掴めませんでした。ふらふら
遅まきながら、今朝、成行き注文にてショートポジションを持ちましたが、現時点では208.90から209.70の範囲で推移しています。
いずれにしても、勝負はロンドン市場以降となりそうです。パンチ

[デイトレ結果] +138,000円
GBP/JPY S 30枚 209.71 → 209.43  (+28pips  +84,000円)
GBP/JPY S 30枚 209.72 → 209.54  (+18pips  +54,000円)

[中長期ポジション]
GBP/JPY S 10枚 209.80
GBP/JPY S 30枚 209.31

posted by 陰陽師 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

売り指値とどかず

昨日の相場は、ドル優勢の展開で終始しました。
BOC(カナダ中銀)は大方の予想通り金利を+0.25の4.25%と発表しましたが、その声明文から「緩やかな追加利上げが必要になるかもしれない」との文言を削除したことから次回の利上げの期待感が薄れ価格上昇のサポートとはなりませんでした。
米指標の耐久財受注(4月)は弱めの結果でありながら悪材料視されず、新築住宅販売件数(4月)が本年度最高の伸びを示したことからドルは112円Heighまで上昇しました。
このドル高の要因は、最近の商品相場の下落によるドルへの資金回帰や、6月の利上げの期待感からと解釈されていますが、金融引締めによるインフレ抑制の実際の市場への効果はかなり遅行するため、利上げは望めないとする観測も多いようです。
今日の米指標は、第1四半期: GDPGDPデフレーター個人消費PCEコアデフレータ(改定値)/ 新規失業保険申請件数 / 中古住宅販売件数(4月) 等ですが、GDP中古住宅販売件数に注目です。どんっ(衝撃)


[ 陰陽師の注目通貨 ]  GBP/JPY

GBP_JPY2.gif

 

注目のポン円ですが、昨日は小幅の日足の陽線で引けています...
210円台の高値圏にとどまること今日で4日目となり、市場にはかなりのショートポジションが溜まってきているものと思われます。
陰陽師は、高値213円までを想定していたので、昨夜、売り指値211.50としオーダーしていますが、いまだ到達せずに、現在少し下がってきています。
この下げが本物かどうかは、現時点で解らないので、売り増しのタイミングが難しいところです。ふらふら
しかし、もうそろそろ反落の時期かも知れません... どんっ(衝撃)

[デイトレ結果]
ノーポジション...
指標発表が多いので、ポジションが取れません ダッシュ(走り出すさま)

[中長期ポジション]
GBP/JPY S 10枚 209.80  現在の含み損益 -106pips
GBP/JPY S 10枚 211.50  指値待機中

posted by 陰陽師 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

昨日の良ポジは今日の糞ポジ

昨日は、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、日本の格付けのアウトルックをこれまでの「安定的」から「ポジティブ(肯定的)」に変更したことにより、為替市場は一時円高となりました。わーい(嬉しい顔)
しかし、日本の数日来の株安が日銀のゼロ金利解除を遅らせるだろうとの思惑から円安をサポートしているようです。
バーナンキFRB議長議会証言の質疑応答で上振れインフレリスクに言及し「引続き引締めが必要かもしれない」としたことにより、金利上昇の期待感からドルが買われました。
現在ドルは112円台に乗せ112円台LowからMidの間で推移しています...
今夜の米指標は、景気先行指数(4月)と、弱いとされている住宅関連のうち新築住宅販売件数の発表がありますが、ドルは前回押し戻されている114円へ向けて上昇することが出来るでしょうか。
その他の重要指標では、BOC(カナダ中銀)政策金利の発表があります... 大方の予想は+0.25の4.25%ですが、今回BOCは、利上げを一時中断するのではとの一部見解もあるようです。

[ 陰陽師の注目通貨 ]  GBP/JPY

PonYen.gif


昨日、天井を打って下落しかけたかに見えたポン円は、結局、買い圧力が強いことを表す下ヒゲの長い十字線の日足で210.49で引けています。
陰陽師が昨夜寝る前には、209.10円付近まで下がっており、今回は売り遅れたと思いつつ209.80で指値をしておきました。
朝起きてみると、まさかと思った指値が刺さっており、今日は現時点で高値211.21を付けています... がく〜(落胆した顔)
今回のポン円の上げは、前回の高値を抜いてくるような気がしていたのですが、やはりそうでしたか。ふらふら
こうなったら乗りかかった船で、ポンドショーターとしては昨年末高値213円位を想定して売り上がって行くしかなさそうです。パンチ

[デイトレ結果]
ノーポジション...

[中長期ポジション]
GBP/JPY S 10枚 209.80  (Stop なし Limit なし)

posted by 陰陽師 at 12:01| Comment(40) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

ドル、じり貧

昨日の東京タイムでドルは、輸出の売りに何度か押し戻されながら113円に迫る高値をつけましたが、ニューヨークタイム以降、じり貧となり、始値より30銭以上安い上ヒゲの長い陰線で引けています。
一方、ユーロは貿易収支(3月)の結果もさることながら、アルムニアEU委員ザルム・オランダ財務相等のタカ派コメントで、更なる利上げの期待から上値を伸ばしました。
また、ポン円は一時211.09をつけ、小幅ながら陽線の日足を伸ばしました。むかっ(怒り)
ポン円の反落時期に注目していますが、今回は意外と前回の上値を抜いてくるような気がします...

昨夜の陰陽師のデイトレは、EUR/USDでの参戦でしたが、逆張りになってしまい、あえなく撃沈でした。
高値反落を狙ってのショートポジションでしたが、ドルがじり貧のままでユーロは全く落ちてきませんでした。
んん...最近ちょっと調子が悪いようですので 一度、頭の中を整理し、リセット、リベンジです... ちっ(怒った顔)
とりあえず今日はデイトレを、お休みとします。わーい(嬉しい顔)

[デイトレ結果]
EUR/USD S 60枚 1.2840 → 1.2863  ( -23pips  -153,778円)

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

ドル112円レジスタンスライン突破

昨日は病院に行ってきました... 病院と言っても動物病院なのですが。
愛犬の黒ラブNanaの定期健康診断とフィラリア検査で、フィラリアの予防薬を1年分もらってきました。
ピーク時に38Kgあった彼女の体重は32Kgに減少、先生に褒められていましたが、飼主の陰陽師は、あと2Kgのダイエットを勧告されました。わーい(嬉しい顔)

PICT0028_2.gif


さて、週末の相場は、ドルが112円のレジスタンスラインを超え、一時112.21まで反発し、その後111.70まで押し戻されています。がく〜(落胆した顔)
陰陽師は、112円のレジスタンスラインは、当分越えられないだろうと思っていただけに、少し意外でした。
今の値動きを単なる調整と見るか、トレンドの変換と捉えるかは、非常に微妙だと思います。
もし上へ行くなら、とりあえず114円近辺までの上昇があり、109〜114円のレンジになりそうな気がしますし、下へ行くなら確実に109円を割ってくるようにも見えます。
ただ、日足の上ヒゲが長いのと、21日移動平均に到達できなかったのは、上昇への不安材料のような気がします...

陰陽師の週末のデイトレは、USD/JPYでの参戦でした。
112円のレジスタンスを背景のショートポジションだったのですが、結局はポジション取りの間違いから、あえなく討ち死にしてしまいました。ふらふら
放置しておけば、ほとんど戻ってきていたのですが、ストップを巻込んだ、更なる上昇の恐怖心から最悪位置での決済でした。

[デイトレ結果]  -215,000
USD/JPY S 30枚 111.57 → 112.25  (- 68pips  -204,000円)
USD/JPY S 30枚 111.93 → 112.25  (- 32pips  -  96,000円)
USD/JPY S 50枚 112.05 → 111.88  (+17pips  + 85,000円)
週末の負けのイメージを払拭し、勝ちパターンを思い起こさねば... パンチ

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

テポドンの噂

昨夜は、各国要人の発言により上下を繰返す、極めて方向性のない相場でした。
揚句、北朝鮮のテポドンの噂まで飛び出す始末です... オイ、何でもありかヨ exclamation&question わーい(嬉しい顔)
こういう相場では、デイトレで、あまり深追いせず、チョコット利喰って逃げるのが正解だと思います。ダッシュ(走り出すさま)
米指標は新規失業保険申請件数景気先行指数(4月)が悪材料、フィラデルフィア連銀指数(5月)が好材料となりました。
最近の米指標は、どうも住宅・雇用関連が弱いようです。
今日は、福井日銀総裁記者会見日銀金融政策決定会合に注目です... 陰陽師は日本のゼロ金利解除は夏以降と見ています。

昨夜の陰陽師のデイトレはEUR/USDでの参戦でした。
最近の指標後の値動きは、一旦、逆方向に大きく動いた後、市場の思惑方向に反転するパターンが多いようです。
通常、逆方向への値動きはストップを刈るための場合が多いのですが、この動きとは全く違います。
この為、値動きをじっくり見極めたうえでポジションを取るか、建玉を2〜3に分けて散らす等の対応が有効だと考えます。むかっ(怒り)
ただ、指標の内容が弱い場合には、逆方向に行ったままになる事もあるので、この場合は勝負を避けるのが賢明です。ダッシュ(走り出すさま)

[デイトレ結果]  +350,990円
EUR/USD S 30枚 1.2772 → 1.2769  (+  3pips  +  10,003円)
EUR/USD L 60枚 1.2772 → 1.2818  (+46pips  +307,557円)
EUR/USD L 60枚 1.2821 → 1.2826  (+  5pips  +  33,430円)

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

仏財務相、口先介入

昨夜のドル相場は、ロンドンタイムでの瞬間109円を割る流れから、ニューヨークタイムには反転して111円を超え、2円以上の値動きとなる大相場となりました。むかっ(怒り)
米指標の消費者物価指数(4月)はほぼ予想通りの数字でしたが、発表後ドル売り優勢となったものの109円を割るには至らず、指標前の水準に押し戻されました。
その後、仏財務相の、EUR/USDのロングポジションを積み増しする投機筋を牽制するコメント(ユーロ・ドルの上昇を抑制するためには"何でもやるだろう")が伝わり、ドルは反転急騰し111円を超える展開となっています。がく〜(落胆した顔)
ドルは、110.80のレジスタンスラインを超えたことから、第2のレジスタンスラインである112.00を目指すことも想定しなくてはならず、安易なショートポジションは危険かも知れません。
ただ、まだまだドル安の流れが変わった訳ではなく、111円台Highのチャンスがあれば、陰陽師はドルショートを仕掛けたいと思います。パンチ
今日はロンドンタイム以降に注目、特に午前1:00のフィラデルフィア連銀指数(5月)は重要... でも陰陽師は、とてもこの時間までは起きていられません。わーい(嬉しい顔)

昨夜の陰陽師のデイトレは、米指標直後までドルショートで攻めようとチャンスを窺っていました。
しかし指標後の展開から、ショートポジションを取る事に確信が持てず、仏財務省の口先介入の前にトレードを止めて寝ることにしました。ダッシュ(走り出すさま)
もし、もう少し起きていたなら、ドル急騰の流れに乗れていたかも知れないと思うと少し残念です。わーい(嬉しい顔)

[デイトレ結果]
ノーポジション...

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

ドル108円台か?

昨夜発表の経済指標は、欧州圏および独ZEW景況感調査(5月)が予想を下回る弱い結果、米経済指標(4月)も住宅関連、生産者物価指数のコア部分が軟調であり、ユーロ、ドルいずれにとっても悪材料でした。
また、仏中銀総裁「ユーロ圏の成長を妨げる為替の過度の変動はG7のメッセージに反する」とのコメントからEUR/USDは1.28Midから1.28Lowへ下落する展開となりました。
ドルは110円台MidからLowの間で推移していましたが、後半には110円を割ってきています。
そろそろ輸出のドル売りも入ってきているようで、ドルは上値を実需の売りに押さえられ、現在、109円台Midで推移していますが、今夜の消費者物価指数(4月)の内容如何では108円台が見られるかも知れません。むかっ(怒り)
陰陽師は110円台Highでドル売りに参入したかったのですが... 機会を逃しました。ふらふら

昨夜の陰陽師のデイトレは、EUR/USDの1.28Midでの揉み合いの中、ユーロに勢いがあると判断し上抜けを狙って、ロングポジションを取りました。
長時間の一進一退の攻防が続き、結果としてユーロは上抜けせず、次第にドルが強くなってきたと感じて、チャラで決済しました。
その後すぐにEUR/USDは30pips程下落してゆきました。

[デイトレ結果]
EUR/USD L 60枚 1.2856 → 1.2856  (+- 0pips  +- 0円)
骨折り損のくたびれ儲け... orz

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

ドル・ショートポジション調整

昨夜の米指標は、3月度:NY連銀製造業景気指数(15.0%→12.4%)・対米証券投資額(800億$→698億$)といずれもネガティブな結果でした。
しかし指標後のドル売りは一時的なものに終わり、市場は徐々にドル買いへと傾斜してゆきました。がく〜(落胆した顔)
これは、商品先物市場の下落により、資金が暫定的にドル買いに流れた事と、ドル・ショートポジションが大きくなりすぎた為の調整と解釈されています。
今日は朝から、円高圧力も弱く、ドルがこのまま上昇するようであれば、戻り売りのチャンスかも知れません... むかっ(怒り)

陰陽師の昨夜のデイトレは、ユーロ/ドルでの参戦でした。
対米証券投資額発表後、ユーロ/ドルは、ほんの少しだけ上げた位置から下落を始めていました。
少し下げた位置から、陰陽師はロングポジションを取りましたが、さらに指標前の位置くらいまで落ちてきたので、追撃のロングポジションを取り直しました。
そこから反転し、30pips程上昇したものの、上値が重く揉み合いながらなかなか上抜けせず反対に下落してきたので、やむなくポジションを閉じました。
通常なら上抜けして80pipsは取れる展開だと思ったのですが... 昨夜はドル買いのパワーがかなり強かったようです。 がく〜(落胆した顔)

[デイトレ結果]  +76,052円
EUR/USD L 30枚 1.2832 → 1.2836  (+  4pips  +13,226円)
EUR/USD L 30枚 1.2817 → 1.2836  (+19pips  +62,826円)

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 11:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

ドル安の流れ変わらず

昨夜の米3月貿易収支は、おお方の予想を裏切り赤字幅縮小となりました(予想-670億$/結果-620億$)。がく〜(落胆した顔)
一部には赤字額が700億$を上回るのではないかとの声もあっただけに以外でした。
ただ、基本的なドル売りの流れは変わらず、貿易収支の結果がドル押し上げの要因とはなりませんでした。
ドルは貿易収支発表前までに109円台Lowまで売られ、指標の好結果を受けて、一時110円台Midまで戻しましたが、やや弱いミシガン大学消費者信頼感指数の結果から110.01円で引けています。

陰陽師は、貿易収支発表前に真剣にドル/円ショートを仕込もうかと考えましたが、思い止まって正解でした。
昨夜のデイトレはシステムの弱いCMS系を避け、SAXO系で参戦することにしました。
ドル/円は指標直後、一機に40pips程上げ、その後下げ始めたのでチャンスと思い、陰陽師は自信を持ってロングポジションを取りました。
普段は、モロ指標時のトレードはしないことにしているのですが、ついつい触手が動いてしまいました... わーい(嬉しい顔)
さらにドル/円は、40pips程下げた後に反発し、110円台Midまで値を伸ばしたところで決済しました。 手(チョキ)
SAXO系のシステムは指標時でもサクッとオーダーが通るようです... CMS系とは大違いです。

[デイトレ結果]
USD/JPY L 70枚 109.90 → 110.49  (+59pips  +413,000円)
もう少し様子を見ていたら、あと40pips程抜けていたのに... わーい(嬉しい顔)

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 14:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

ドル/円、新たなステージへ

昨日111円台Midまで戻していたドルは昨夜の米指標:小売売上高新規失業保険申請件数のネガティブな結果から一時110円台Lowまで下落しました。
今朝は、さらに110円割れを記録し、瞬間的に109.93を付けるという全面的な円高の展開となっています。がく〜(落胆した顔)
今夜は貿易収支(3月)・輸入物価指数(4月)・ミシガン大学消費者信頼感指数(5月)を控えドル相場は正念場を迎えることになります。むかっ(怒り)
上値を輸出の売りに押さえられ、5月15日には600億ドル相当の米国債四半期利払い・償還が予定されており、これらがドル売り圧力となっています。
今夜の指標次第では、本格的な110円割れの新たなステージへの突入となるかも知れません...

昨夜、CMS系ではシステム障害により長時間ログインできず、陰陽師はSAXO系のチャートで指標時の値動きを見ているだけでした。
ポジが無かったから良いようなものの、本当に頭にきます。ちっ(怒った顔)
以前からさんざんシステムの脆弱性を指摘されているにも係らず、顧客に多大の損害を与えながら、一向にシステムの強化や改善の態度さえ見せない...
このような企業は、必ずや業界から淘汰されることでしょう.... 存続の価値なしexclamation×2

[デイトレ結果]
ノーポジション...

[中長期ポジション]
ノーポジション...

posted by 陰陽師 at 11:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

円高の流れ継続

FOMCを無事こなし、相場は大荒れになることもなく、現在ドルは110円台前半から111円台前半に戻しています。
「引き締めの幅、タイミングは経済の見通し次第」とし、6月の利上げに関して現段階では判断しない旨を明示することで、ポイントを先送りにし、市場の過激な反応をうまくかわした形となりました。
また、半期為替報告書では、中国を不当為替操作国として直接名指しすることを避け、為替改革を早急に進めるよう促すにとどめました。ちっ(怒った顔)
いずれにしても、陰陽師はG7以降の円高の流れに政治的策略の匂いを強く感じていますが、この流れはまだ終わった訳ではなく、各国指標や要人の発言により大きく円高方向へぶれる可能性をはらんでいると考えます。
今後、価格の節目付近では輸出企業のまとまった売りも考えられ、一方的な戻りはないものと思っています。むかっ(怒り)
ただ、クロス円通貨のポジション取りが難しくなりました... 戻り売りが正解かも... わーい(嬉しい顔)

[デイトレ結果]
USD/JPY L 30枚 111.09 → 111.19  (+10pips  +30,000円)

[中長期ポジション]
GBP/JPY S 10枚 208.50 → 206.77  決済 +173pips +173,000円
USD/JPY S 10枚 111.69 → 111.08  決済 + 61pips  +  61,000円
ポン円は英指標前に決済してしまいました... 辛抱していれば、もう100pips程あったのに ふらふら
ドル円は四国行きの前に仕込んだものを決済しました...

posted by 陰陽師 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

円高トレンド到来か?

私事で四国に行かなければならなくなったので、今日は早めの更新です。
ゴールデンウィーク明け、シドニー市場でドルは小さな窓を開けて円高でのスタートとなりました。がく〜(落胆した顔)
ストップを巻込み112円台をあっさり割ってきたことから、陰陽師は110円台への下落は比較的早く到達するのではと見ています。
アダムズ米財務次官から「介入を避ける事が妥当な措置と思われる」「為替レートの決定は、市場に委ねられるべきだ」 等の発言があり、その後、円高を牽制しなかった谷垣財務相発言「為替レートは経済のファンダメンタルズを反映すべき」との安倍官房長官の発言から、さらに円高が進んだと指摘されています。
陰陽師は、実需筋のドル売りがあまり出ていないことから、110円台を見据えて、どこで輸出の売りが入るのが今後のポイントとなると思います。むかっ(怒り)
また、ロンドン・ニューヨーク市場で円高に拍車がかかりそうな予感が... がく〜(落胆した顔)

[デイトレ結果]
ノーポジション...

[中長期ポジション]
GBP/JPY S 10枚 208.50  (Stop 209.88  Limit なし)
先日のリベンジも兼ね、今朝少しだけポン円をショートしてみました...
狙いは205.00 以下、ストップ位置を下げながら挑戦します わーい(嬉しい顔)

posted by 陰陽師 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

スノー米財務長官、口先介入

エントランスのオベリスクとローズアーチに絡めた白のモッコウバラが満開になり甘い香りを漂わせています。
オールドローズやイングリッシュローズの蕾もふくらみ、陰陽師の庭はこれから薔薇の季節を迎えようとしています。
所用により5/3〜5/4の間、陰陽師は相場をお休みし、ブログの更新が出来ませんでした。

さて、週末の相場は、米雇用統計のネガティブな結果からドル売りの展開となりました。
その後のスノー米財務長官「インフレ圧力は見られず」との発言が、6月利上げに対し否定的と解釈され、ドル下落への追討ちとなりました。
また同時になされた「中国は人民元相場の柔軟化を確約」とのコメントから市場は全面的な円高基調となり、ドルは一時112.28円を付けています。がく〜(落胆した顔)
ドルの6月利上げについて、市場では3割程度が織込み済みと見られ、来週のFOMC政策金利(5月)発表時のコメントが注目されるところです。
週末には貿易収支(3月)も控え、5月はドル相場の正念場となりそうです。むかっ(怒り)
陰陽師は、人民元切上げの匂いだけで、これだけ円高になる相場に、スワップ目的でのクロス円通貨の長期保有に大きな危うさを感じています。

デイトレでは、朝方ポンドが結構下げていたので、すわポンド下落と見てショートポジションを取り、その後上げトレンドになったため、損切りしました。
どうも仕掛が早かったようです... いずれにしてもレンジ相場のポンドは210〜211円ではショートで正解なのですが、目の前で損が膨らんで行くのは心理的に耐えられないようです。
結果として、211円近くまで付けたあたりでのショートが正解でした... ふらふら

[デイトレ結果] -43,878円
GBP/JPY S 30枚 210.11 → 210.37  ( -26pips   -78,000円)
EUR/USD L 30枚 1.2682 → 1.2692  (+10pips  +34,122円)

[中長期ポジション]
AUD/JPY L 10枚 86.11 → 87.48  決済 +137pips
午前中40pips近く下げていたのと、日足がボリンジャーバンドの上端にあったことから、25pips程戻したあたりで決済しました
(オージーは、予想外の利上げ発表でのポジション取りです)

posted by 陰陽師 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

朝の散歩路

ゴールデンウィークは好天に恵まれ、今日も爽やかな一日となりそうです。
陰陽師の一日は、愛犬の黒ラブ(雌6歳)との朝の散歩から始まります。
彼女の体内時計は極めて正確で、平日、休日に係わらず、毎朝5時に起こしてくれるので目覚まし時計は要りません。わーい(嬉しい顔)
家の前には道路を挟んで、池のある大きな公園があり、ここが毎朝の散歩コースになっています。
散歩路の主役は、桜に代わってツツジが満開に近く、その艶やかさを競っています... 脇役はメジロ、ツグミ、ヒヨドリ達が演じています。

さて、昨夜の相場は、さしたる重要指標もなく、ドルも113円割れを試す事もなく無難に推移しました。
今夜の米指標は、製造業受注指数(3月)、ISM非製造業景況指数(4月)があり、明朝4:30にはバーナンキFRB議長講演を控えています。
さて、彼はまた何かとんでもないことを引き起こしてくれるのでしょうか?わーい(嬉しい顔)
その他、イランがウラン濃縮度を3.6%→4.8%に引き上げていた事が解り、核開発問題に対する地政学リスクから原油、金価格が大幅続伸しているようです。がく〜(落胆した顔)
今日も若干、円高からのスタートとなっているようです...

[デイトレ結果] +219,449円
EUR/USD L 50枚 1.2564 → 1.2596  ( +32pips  +182,096円)
EUR/USD S 30枚 1.2594 → 1.2606  ( -12pips   -   40,914円)
EUR/USD L 30枚 1.2637 → 1.2660  ( +23pips  +  78,267円)

[中長期ポジション]
AUD/JPY L 10枚  86.11  現在の含み損益 +21pips
グッド(上向き矢印)

注目していたポンスイの下落を狙っているうちに上昇してしまいました... orz ダッシュ(走り出すさま)

posted by 陰陽師 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

ドル安値更新

5月初頭の相場は、日本以外のアジアと欧州勢が休みという状況でのスタートとなりました。
さすがにロンドンタイムでは値動きがほとんどなかったものの、その分、ニューヨークタイムでは大きく動きました。
昨夜の米指標は前半、個人所得個人支出は良好、PCEデフレーターは予想の範囲内という結果でしたが、市場のドル売りは止まらず、年初来の安値を更新し、一時、112.36を付けています。がく〜(落胆した顔)
後半の指標では、建設支出ISM製造業景況指数、ともに強い数字であったにもかかわらず、最初40銭ほど売込まれましたが、さすがに買戻しが入り、その後1円以上、値を戻しました。
陰陽師は最初、この売りの流れについて行こうかと一瞬迷いましたが指標の数値から思いとどまり、傍観をする事に決込みました。わーい(嬉しい顔)

ドルは年初来の安値を更新したことにより、市場では早くも110円割れの声も出ているようです。
いづれにしてもドルの今後の行方は、今週末の雇用統計あたりでその方向性が明らかになるのでは... と陰陽師は思っています。

[デイトレ結果]
EUR/USD L 30枚 1.2611 → 1.2634  ( +23pips   +78,067円)
EUR/USD L 30枚 1.2677 → 1.2683  ( + 5pips    +16,884円)
EUR/USD L 30枚 1.2609 → 1.2619  ( +10pips   +33,945円)

[中長期ポジション]
AUD/JPY L 10枚  86.11
金(Gold)が高騰しているので、買戻してみました...
あと、ポンスイに注目中... なかなか狙っている価格まで落ちてきません わーい(嬉しい顔)

posted by 陰陽師 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。