2006年09月19日

デイトレと分析指標

久々のブログ更新です...
このところ、仕事が忙しくチャートと向き合う時間がとれません。ふらふら
陰陽師の会社では、業務用のPCアプリ(社内向け)は、ほとんど外注でつくっていますが、業界の専門的技術知識が要求されるアプリケーションでは外注先がありません...
陰陽師の仕事はプログラマーではないのですが、たまたま以前に好意で、このようなアプリを何本か開発したが為に、最近この手の仕事がよく舞い込みます。
当分の間、FX どころではなさそうな状況です... しかも金銭的なメリットは皆無で、全くの奉仕なんです。わーい(嬉しい顔)

さて、円安や人民元に対する言及や声明もなく、G7が無事に終わりました。
昨日は、柳の下のドジョウを狙ったのか、対円の通貨では、小さな窓を開けてのスタートとなりました。
しかし、その窓も早々と埋められて、またぞろ金利相場の始まり始まりです
スイスが利上げを行った為に、なおさら円がキャリートレードのターゲットにされ易い状況になっています。
どこまで円安が進むのか... でも足元を掬われないように本邦の金利動向には充分注意したいものです。むかっ(怒り)

先日陰陽師の予想した、ドル円のレンジブレイクは、どうやら下方向ではなく上方向へのブレイクだったようです... がく〜(落胆した顔)  ドル円は現在118円で足場を固めて上を目指している様に見えます... やはりドルの値動きは難解です。

[ 昨夜のポジション ]

position.gif

昨日は敬老の日で、なんとか相場に参入することが出来ました... 上図のグリーンの印が、陰陽師の昨夜のポジションです。
陰陽師はボリンジャーバンドの欠点を補うために、最近 RSI を組合わせて売買ポイントを判断するようにしています。
RSI は御存知の通り、70以上が買われ過ぎ、30以下が売られ過ぎとし売買ポイントとして判断するオーシレーター系の逆張り指標です。
一般的に、9日平均や14日平均をパラメータとして使用します。
以前はMACDの感度を高めて使用していたのですが、ボリンジャーバンド:MACD の組合わせでは、デイトレの場合、どうしてもダマシに対応出来ません。
今のところ、ボリンジャーバンド:RSI のコンビネーションが最良のように思います。

[デイトレ結果]   9月累計   +102,000円
GBP/JPY L 30枚 221.37 → 221.71  ( +34pips +102,000円)

[中長期ポジション]
ノーポジション... 

posted by 陰陽師 at 13:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

ドル円正念場

昨日、昼過ぎまで円高基調で推移していた流れは、本邦の機械受注(7月)悪化の発表を受け、一転、円全面安となりました。がく〜(落胆した顔)
機械受注は元々ブレの生じ易い指標だけに、円安は限定的との予測もありましたが、欧州時間以降も円安の流れは止まらず、一方的な展開となりました。
ドル円は何度か上値を試した後、117.5を超えたあたりからストップを巻き込み、一気に117.76まで上昇しました。がく〜(落胆した顔)
思い起こせば、ドル円の今年の始値は117.88でした... 昨日の高値117.76は7/19の117.88以来の価格です。
今日も、ドル円は117Midで一進一退の推移となっていますが、今の価格帯は、上抜け上昇か反転かの、非常に微妙な位置にいます...まさしく、ドル円の正念場です。むかっ(怒り)
陰陽師は、米国のファンダメンタルから、下方向へのレンジブレイクを予測していますが、この後ドル117Highに並んでいるであろう輸出の売りを吸収して上方へのブレイクがあるのでしょうか?
結果は、以降に控えている米重要指標G7の声明文が指し示してくれることでしょう。
いずれの方向へ動くにしろ、トレイダーに取っての正解は順張りのトレンドホローしかあり得ません... と云いながら、陰陽師は、これまでの円安の流れに乗れなかった訳ですが。わーい(嬉しい顔)
今朝からクロス円通貨は、きわめて方向性のない動きです... 欧州時間以降に期待しましょう。
ドル円の方向は米貿易収支(7月)で、ある程度見極めができるかも知れません。

[ 9/12 米指標 ]
21:30発表:貿易収支(7月)  予想  -655億$

[デイトレ結果]      
ノーポジション... 

[中長期ポジション]
ノーポジション... 

posted by 陰陽師 at 12:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

ドル円レンジブレークの兆し

先週末は、独財務次官や財務大臣の円安への牽制もあり、後半やや持ち直したものの、対円ではドルを除き、ほぼ全面的な円高の展開となりました。
ちょっとしたきっかけや要人の発言で、極度に膨らんだ円ショートポジションの調整が起り易い状況にあり、今後ともしばらくは断続的に、この調整がすすむものと思われますexclamation×2
今週末に開催されるG7では、為替不均衡が議題として取り上げられることは、ほぼ間違いないでしょうが、参加各国が納得できるコンセンサスが得られるとは、とても考えられません
前回のG7では、市場がノーマークだった為、G7後に相場が大きく動きましたが、今回はガス抜きがかなり行われるでしょうから、反対の動きになる可能性もあります... わーい(嬉しい顔)
いづれにしろ、相場としては、今週、来週の動きは面白くなりそうです。

USD/JPY

USD_JPY3.gif

 

上の図はUSD/JPYの日足ですが、ボリンジャーバンドの下バンドが、およそ200pipsほど切り上がってきて、バンド幅が極端に狭くなってきています
このことは、約2ヶ月以上続いたドル円のレンジ相場が終焉に近く、新たなトレンドが発生することを示唆してます。がく〜(落胆した顔)
図のオレンジ色のラインは、過去に、頭を押さえられたり、相場が反転したラインを表しており、このラインがほぼドル円のレジスタンスラインやサポートラインとして機能しています。
レンジブレークは上下どちらの方向へも可能性があるわけですが、ドルが今回117.5のラインをしっかりと上抜いてこなければ、米国のファンダメンタルから見て、陰陽師は、下方向へのレンジブレイクがあると考えています... 爆弾

[ 9/11 米指標 ]
本日、米指標の発表はありません

[デイトレ結果]      
ノーポジション... 

[中長期ポジション]
ノーポジション... 

posted by 陰陽師 at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

次回G7は...

おさまったかに見えた円高は、昨日のミロー独財務次官「次回G7では、円の弱さについて協議する見通しだ」とのコメントをきっかけとして再燃しています。がく〜(落胆した顔)
ドイツは財務次官に続き、シュタインブリュック財務大臣からも「為替がG-7の議題である」との発言がでています。
前回のG7の前にはフランスのブルトン財務大臣円安に対し不満の発言がありました。
欧州勢は、自国通貨に対し円が弱いことが、よほど腹に据えかねるようです... わーい(嬉しい顔)
日本としては、口先介入や実質的な介入をしている訳ではないので、非難を受ける謂れは全くありません。
ましてや、一国の金融政策はその国の経済状況に基いて行われるものであり、他国の干渉を受けるものではないことは自明です。
以前から為替介入を批判している彼らにとっては、まさか介入の要求も出来ないことでしょう。わーい(嬉しい顔)
次回G7来週末(9/15)シンガポールで日本を議長国として開催されますが、少なくとも、円安や人民元の問題への議論は、どうやら避けては通れないようです
果たして、次回G7以降が押し目のチャンスとなるのか、値動きが非常に楽しみです...

今日も朝から、やや円高で推移しています... おそらく欧州時間以降、この展開が増幅されるのではないでしょうか。むかっ(怒り)
カレンNZ蔵相「NZD高が主要な懸念材料」「現在の経常赤字を考えるとNZDには下落リスクがある」との発言からニュージーが下げているようです。がく〜(落胆した顔)
円高とのダブルパンチで、大幅な調整になる可能性もあるかも...
15:30からの福井日銀総裁記者会見も目が離せません。

[ 9/8 米指標 ]
28:00発表:消費者信用残高(7月)  予想 68億$

[デイトレ結果]      
ノーポジション... 

[中長期ポジション]
ノーポジション... 

posted by 陰陽師 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

円キャリートレードの調整

ついに、積み上がった円キャリートレードの調整が始まったようです... がく〜(落胆した顔)
このところの、あまりにも一方的な円安展開で、円ショートのIMMポジションは、過去最大となっていました。
相場では、加熱しての行過ぎはよくあることですが、行過ぎたものは必ず戻ります。
ドミノ倒しのように売りが売りを呼び、恐怖心がさらにこの振幅を増大させます。
陰陽師は、このチャンスを待っていたのですが、残念ながら昨日から出張で、トレード出来る環境にいないのです... ふらふら
昨日からの値動きを見ながら、今、自宅のPCの前にいれば... と悔しい思いをしています。ふらふら
今夜遅くには帰宅できますが、やはり、兼業トレーダーでは、確実にチャンスをものに出来ないことを、今つくづく実感している次第です。
ただ、チャンスは2度あります... exclamation×2

1. 素直に、この円買戻しの流れについてゆく
2. 対円通貨が下げきった押し目を狙う

ターゲットは、当然、加熱しすぎたポン円やユーロ円になる訳ですが、1では参入のタイミングが最も重要であり、2では底値が何処なのかを予測する必要があります。
しかし、決定的な事件やファンダメンタルのショックによる下げではないので、この流れは、そんなに長くは続かないと思われます。
従って陰陽師は、基本的には2の押し目狙いでゆきたいと思います...

8月は、あまりにも一方的な展開で、スイングを主力に考えていた陰陽師の出番は全くありませんでした... 8月は、もっぱら、「休むも相場」を実践しておりました。わーい(嬉しい顔)
相場は、大きな上げ下げが有って、はじめて本来の相場です... やっと面白い展開になってきました。

[ 9/5 米指標 ]
本日、米指標の発表はありません

[デイトレ結果]      
ノーポジション... 

[中長期ポジション]
ノーポジション... 

posted by 陰陽師 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。