2007年02月21日

日銀の政策判断基準は?

日銀は、政策金利を0.25%引き上げ0.5%とすることを決定しました。
9人の政策委員の内、反対は岩田副総裁のみで8対1での決議でした。

陰陽師は正直、日銀が何を判断基準にして金融政策を決めているのか疑問を感じざるを得ません。がく〜(落胆した顔)
1月の決定会合では個人消費と物価の2つの経済指標で「弱めの数字が出ている」として利上げを見送りました。
では、利上げを見送った先月と経済情勢がどう変わったというのでしょうか?
たしかにGDP-4Q前期比+4.8%と大幅な伸びを示しましたが、個人消費や物価は、個人所得が伸びない限り上昇は見込めません... 物価については今後、原油価格の下落もマイナス要因として作用してくることでしょう。
また、個人所得はむしろ減少傾向にあると言えます。
その原因は、利益を上げているのは大企業のみで、多数をしめる中小企業は経営苦に喘いでおり、おまけに大企業の利益の大部分も人件費の削減により成り立っているというところにあります。

1月に、市場はほぼ0.25%の利上げを折込済でしたが、据置により、日銀は政治の圧力に屈したとの印象を与え、中央銀行の独立性が疑われ、対外的なブーイングを浴びてしまいました。
何かやっている事が、チグハグだと感じるのは陰陽師だけなのでしょうか...

早速、政府筋から冷ややかなコメントが出ているようです。
「今回の決定は日銀の責任で判断されたもの。日銀は説明責任だけでなく結果責任も負うものと考える」(中川自民幹事長) わーい(嬉しい顔)

利上げ後の市場の値動きには、めまぐるしいものがありましたが、一瞬にして利上げ前の水準に戻ってしまいました。
これで心おきなく円売りに励める... といった市場の雰囲気が伝わってくるようです。わーい(嬉しい顔)

陰陽師は昨日、ポンスイ2.4000を底打ちと見て、買い増しし、今のところ予定通りの値動きとなっていますが、これからが正念場です。
このところポンスイは、1日上げて、2日下げやドカ下げの傾向で下げてきました...
今日はBOE議事録、週末にはGDP-4Q個人消費-4Qなどの英重要指標が控えています。


[ 現在のポジション ] 02/21 AM6:00

ponsui_poji.gif

posted by 陰陽師 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ポンド下げ過ぎ!!

明日のBOJ(日銀政策金利)発表を控え、市場では、やや膠着状態が続いています。
今回の利上げについての見通しは市場でも意見が真っ二つに割れているようです。
そのため、利上げの折込度合いも半分程度といったところで、据置、利上げのどちらに転んでも相場は短期的には大きく動きそうです... がく〜(落胆した顔)

ただ、利上げの条件となる「物価の上昇」「所得の伸び」は前月からそれほど好転しているとはとても考えられません。
陰陽師は、4Q-GDPの好結果だけでの利上げ予測は、甘いのではないかと判断します。

この1週間程、陰陽師は家庭の事情で相場から離れておりました...
しばらく休んでいる間に、ポンドが大きく下落してしまいましたね。ふらふら
しかし、金利据置小売売上高指数の低下金利先高感解消などのファンダメンタルズ要因を考えても、ポンドの今回の下げは、やや行き過ぎの感があります。

一時、100万円強あったポンスイの含み益も65万程度に減ってしまいました...
本来なら相場の反転を確認して買いに入るのがセオリーですが、陰陽師は待ちきれずに、チャートの形から、前回のブレークアウト前の、レジスタンスライン(2.4000)をサポートラインとして下げ止まり...と見て、今朝2.4056で10枚買い増ししてみました。パンチ
はてさて、この判断は正しかったのかどうか... 気が短いのが陰陽師の欠点でもありますが。わーい(嬉しい顔)
クロス円、ドル:ストレートでの勝負は明日以降ということで...
陰陽師は金利据置を予想していますが、本来は「利上げ→円高」の流れの方が嬉しいです... わーい(嬉しい顔)

pon5.gif

GBP/CHF (2/20)

posted by 陰陽師 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

調整は何時まで?

エッセンG7では円安問題が議論されたものの、共同声明に直接この問題の是正が盛り込まれることなく無事終了しました。わーい(嬉しい顔)
共同声明は為替相場について「経済のファンダメンタルズを反映すべきだとの考え方を再確認した。過度の変動や無秩序な動きは経済成長にとって望ましくない」前回G7までの表現を踏襲する形となりました。
ただ、声明では円安について直接の言及は避けながらも、間接的に日本の経済回復を市場が織り込むよう促し、円安を牽制する欧州側にも配慮した内容となっています。

やはり、中国人民元は問題視され、共同声明では「われわれは持続的で均衡の取れた成長を促す適切な政策を引き続き追求する」とし、中国の貿易黒字拡大にみられるような世界的不均衡の秩序だった調整を促進する姿勢を打ち出しました。
また、ポールソン米財務長官は、G7閉幕後の声明で、人民元問題について「中国経済のバランス調整の一環としてもより柔軟な為替制度が必要」と表明しています。
これは「開かれた競争的な市場で、ファンダメンタルズに基づいて取引されている」とする円とは一線を画す考えをあらわしています。

G7の声明文から、誰もが「これで円安が一層進む」と考えますが、実際にはそう単純にいかないのが相場の難しいところです。がく〜(落胆した顔)
昨日も欧州時間あたりから、流れがおかしくなり、現在も円高方向への調整が進んでいるようです。
この円高の流れが果たして何時まで続くのかが問題です...
専業トレーダーであれば素直に流れに乗り、流れが変わればポジションをひっくり返すこともできますが、兼業ではなかなかそうもいきません...
結局のところ下げ止まりの押し目を狙うしかないようです。ふらふら

posted by 陰陽師 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

休み明、窓開けはあるか

昨日は、欧州時間から円安の流れとなり、今日もその流れが続いているようです。
きょうは21時45分にECB政策金利の発表があり、3.50%の据置で3月利上げというのが市場のコンセンサスとなっているようです。
しかし、先日のECB匿名関係者の言とする「利上げは3月ではなく4月になる可能性もある」というのが気にかかります...
今日はECB政策金利の発表より、むしろ注目すべきはECB理事会後のトリシェ総裁の会見内容であり、市場の期待は次回会合での利上げを予告する「強い警戒」という発言にかかっています。
もしもトリシェ総裁の、タカ派的言質がなければ、すでに利上げ折込済のユーロは急落の危険をはらんでいるといえます。がく〜(落胆した顔)

G7で円安がメインテーマとはならないとの見方が大勢となり、円売りに対する安心感が出てきていますが、先行き何が起きるか解りません...
安心するのはまだ早いexclamation×2   わーい(嬉しい顔)
昨年は、表向き、貿易の不均衡から中国を為替操作国として非難し、人民元の切上げを迫っていましたが、実は、暗に円安を強く牽制していた事を思い起こしてみてください。
今回の、独エッセンでのG7会議には中国も特別に出席するということなので、議題として人民元の柔軟性が取り上げられる確率も高いのではないでしょうか...
もし、人民元の問題が大きく取り上げられた場合には、円高方向に大きく振れることも一応考えておかなければならないのではないでしょうか?

週明け、ドルストレートクロス円が大きく窓を開けてスタートする可能性が無きにしもあらずです... 用心するにこしたことはありません。パンチ
明日は円買いで勝負すべきかどうか... わーい(嬉しい顔)
posted by 陰陽師 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

またもや米雇用統計は...

先週末、アダムズ財務次官辞任のニュースが流れました。
辞任の理由は、家族との時間を優先させるためということですが、アダムズ財務次官といえばブッシュ大統領の側近で、人民元改革などの通貨交渉を担当し、就任後それほど時間が経っていません...
中共のしたたかさに嫌気がさしたのではと思うのは陰陽師の深読みでしょうか?

米雇用統計は事前予想値を下回ったものの、過去2ヶ月分の数値を上方修正しました...
最初ドルは素直に反応して一旦下落、中間値まで戻して揉み合いの末上抜け、そのまま上昇と思われたものの途中失速して反落と、終ってみれば往って来いの結果となりました。
米雇用統計は、このところ過去データの上方修正といったパターンが多いようです...
いかにアメリカ合衆国広大とはいえ、これでは統計の取り方に問題ありと云われてもいたしかたありません。ちっ(怒った顔)
いいかげんな情報で市場は毎回踊らされていることになり、米指標値の信頼性失墜です。ちっ(怒った顔)
ユーロECB匿名関係者の言とする「ECBは3月に利上げ後、当面据え置く可能性がある」「利上げは3月ではなく4月になる可能性もある」などの情報から、かなり売られているようです。がく〜(落胆した顔)
陰陽師としてはポンスイのポジションから、EURにより相関性の高いCHFの下落に繋がることからユーロ下落は歓迎です。わーい(嬉しい顔)

週始めから、G7を意識した円買戻しの調整が進んでいるようにも見えますが...
今週は、どのような展開が待受けているでしょうか?
陰陽師はG7までは動きません...

posted by 陰陽師 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

満月、週末、米雇用統計


独エッセンでのG7会議を1週間後に控え、市場では様々な思惑が交錯し、持高調整を含めた複雑でナーバスな値動きとなっています。
またオセアニア通貨が大きく下落しているのが気にかかります。
今後の相場のポイントは、やはりG7BOJ政策金利にあると思いますが、日銀は1月に利上げを見送ったことにより、次回のBOJ政策金利(2/21)でも、やはり利上げは出来ないのではないでしょうか。
夏の参院選までは、政府からの有形無形の牽制も強いことでしょう...

今日2月2日は、満月、週末、米雇用統計と、条件が出揃いましたが果たして相場の方は大荒れとなるのでしょうか... わーい(嬉しい顔)
ドル円は、米12月個人消費支出(PCE)デフレーターが予想を下回り米1月ISM製造業景況指数が50を割ったものの、下値は120円Lowで手堅くサポートされています。
しかし今回の米雇用統計では、好結果が予想されているだけに裏目にでた場合には、そのギャップから相場は大きく動くのではないでしょうか。わーい(嬉しい顔)

陰陽師の保有するポンスイは、1/30の長い上ヒゲから、案の定大きく値を落としましたがなんとか20日移動平均のラインでサポートされ、反転の兆しをみせているようです。

ポンドについて、陰陽師は、昨年末(12/15)のニュースに期待しています...
日本たばこ産業(JT)が英たばこ大手(世界第5位)/ギャラハー社を買収:2兆2530億円(約95億ポンド)。
これは日本企業による買収では過去最大となり、英国法の手続きを経て、2007年上半期をめどに買収を完了させる...
日本たばこ産業はメルリンチから融資を受ける...つまり、今年6月までに2兆2530億円分のポンドに対する実需が発生するということですexclamation×2

posted by 陰陽師 at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。