2008年01月23日

カンフル剤

FRB(米連邦準備理事会)は0.75%の緊急利下げを発表。
この金利引下げは、過去23年余りで最大の引き下げ幅となりました。がく〜(落胆した顔)

FRBは、米株市場の取引開始約1時間前に緊急利下げを発表しましたが米株市場は5日続落となり、ついにNYダウは12,000ドル割れとなっています。がく〜(落胆した顔)
ただ今のところ、この緊急利下げを受け、世界の株式市場は、2日にわたる急落から落ち着きを取戻しているようです。

バーナンキFRB議長の思い切った、すばやい決断力に脱帽です。
それにひきかえ日銀や、かの国の政府は手を拱いて見ているだけで、なんの施策も出てきません... 何とも情けないかぎりです。ちっ(怒った顔)

しかし、サブプライムローンや住宅市場その他の問題が何ら解決した訳ではなく、利下げは一時的なカンフル剤に過ぎず、時間稼ぎでしかあり得ません。
ただ、利下げの効果が実体経済に現れてくるには、それなりの時間を要するのは、いたしかたのないことで、時間稼ぎもまた必要、有効な手段でしょうか...

緊急利下げを受け、為替相場の方も反発を見せていますが、相場は決して底を打った訳ではありませんexclamation×2
世界経済の流れは今、収縮の方向にあることは間違いなく、バイアスはまだまだ下向きです。
相場の天底を正確に、予想することは誰にも不可能であり、もしその予想が当たっていたとすれば、それは「まぐれ」でしかあり得ないでしょう。
したがって、基本はあくまでトレンドホロー、陰陽師は当分の間戻り売りこそが正解と考えますわーい(嬉しい顔)

posted by 陰陽師 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

戻り売り狙い

先週は、本業(業務用プログラムの運用・保守)に急ぎの仕事が入ったため、為替の方は休業させて頂きました。わーい(嬉しい顔)
まあ、本業といっても毎月仕事がある訳ではなく、仕事が有っても無くても月額いくらという契約ですので誠に有難い限りです。
多少タイトな納期であっても、期限厳守が陰陽師の心情ですので、この週末に頑張って週明けには納品です。

株式相場は、日経平均もさることながら、NYダウが12,000ドルの大台割れ目前と相当にひどい状態です... がく〜(落胆した顔)
0.5% の政策金利引下げ折込済み
ブッシュ大統領の景気刺激策(広範囲な減税)発表後でも、この有様ですので手の付けようがありません。
市場は、早くも0.75%の数字を意識し始めましたが、過度の金利引下げは一時的な景気刺激策となっても、結果として通貨安を産み、海外資金の引揚という負のスパイラルに繋がります。

ドル円では、106円と108円付近に多量のストップが観測されているようですが、週明けはどちらのストップ狙いとなるのでしょうか... 多分下方向だとは思いますが。
ポン円
の動向もドルの方向次第でしょうが、数日続いていた209.5〜212円のレンジが下方ブレイクしており下げ圧力が強まっているように見えます。
陰陽師としては、週明けもやはり戻り売りのみを狙ってゆきたいと思っています。パンチ

 
 
posted by 陰陽師 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

米有力金融機関の決算発表


Meary.jpg
メアリーローズ

上の写真は、陰陽師の家の庭で今、チラホラと咲いているイングリッシュローズで、その名前はマーガレット女王を守る英国海軍の軍艦「メアリーローズ」に由来しています。
英国の経済自体は冬の時代を向えようとしていますが、この薔薇は寒さにめっぽう強い品種のようで、こんな厳寒の時期に健気にも沢山の蕾をつけています...

先週末の相場は、またもやサブプライムショックにかき乱された展開となりました。
例の、NYタイムズの報道(メリルリンチ:不動産投資で150億ドル損失の可能性)に端を発するもので、日経平均、NYダウの大幅安を招き、リスク回避から円の買い戻しの流れとなっています。がく〜(落胆した顔)
今週は、米国の有力金融機関:シティグループ・JPモルガンチェース・メリルリンチ等の決算発表があり、引き続き注意が必要です。

陰陽師は、相変わらずデイトレでポン円の戻り売りを狙っていたのですが、もう少し上げたら売り参入と思っていた矢先に不意を突かれました。
常に複数のチャートを見ている陰陽師ですが、まず最初にドル円がヅルッと下げ、かなり反応が遅れてポン円が追随しました。
何が起こったのかよく解らず、下げの原因が解ったときには、もうすでにかなり下げた後でした... ふらふら
これで一気にやる気が失せ、デイトレを諦めて様子見を決込むことにしました。わーい(嬉しい顔)
このような一瞬の値動きの場合には、いったん逆方向に大きく振ってから急騰(急落)というのもよくあるパターンなので、値動きに素直に飛び乗るという訳にもゆきません。
陰陽師としては、自信のある譜型になるまでじっと辛抱です。

posted by 陰陽師 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

当面の作戦

注目の政策金利は、BOE=5.5% と ECB=4.0% と英・欧共に据置きとなりました。
トリシェECB総裁
バーナンキFRB議長の講演もあり、相場はそれなりの乱高下がありました。

ドル円に関しては、昨日未明、NYダウの一瞬の高騰に乗じて投機筋が無理やり110円台前半までもって行った感があります。がく〜(落胆した顔)
今朝も109円Lowまで押していたドル円は、NYダウの上げに乗じて109円Midまで戻しています。
陰陽師は、ドル円では当面、108〜110円のレンジと考えています。
ポン円は昨日、今日と一時、214円を割込み下値を切り下げつつあります...
とにかく現時点で弱い通貨は、ポンド→ドル→円で、オセアニア最強というところでしょうか。
何とポンスイでは短期チャネルをブレイクし、昨年夏の高値から3,300pips強の落ちで、正に2004年末安値2.1660に迫ろうかという底なしの状況です。

とにかく、当面の作戦として、デイトレにしろスイングにしろ弱い通貨の戻り高値を売るのが、一番安全で確実な方法ではないでしょうか... たとえ一時的に逆方向に行っても、しばらく待っていれば、やがて戻ってきます。
反対に、弱い通貨の押し目を拾っていたのでは、何時か痛い目に逢う危険が待ち受けています。

陰陽師はここ数日、風邪気味でディールを控えています...
体調不十分では、何分にも闘志が湧いてきません。
最近、運動不足なので、近所のフィットネスクラブにでも入会して、水泳で体を鍛え直そうかなどと思っております。わーい(嬉しい顔)

posted by 陰陽師 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

読み違い

米雇用統計明け、週初のドルの値動きは、雇用悪化、NYダウの大幅下落が要因で、てっきり下値試しの方向と思ったのですが、予想外にもドル円では109円付近にあったショートポジションのストップ狙いの展開読み違いとなりました。がく〜(落胆した顔)

クロス円全般に円安の流れですが、ポン円の値動きが今ひとつ良く解りません。
それならということで、デイトレドル円の戻り売りを狙ってみました。
久し振りのドル円のディールでしたが、ポン円と違って値動きが遅く、ボラティリティも小さいので、気の短い陰陽師はとてもイライラしてしまいます。わーい(嬉しい顔)

今日も円安傾向が続いていますが、単なる調整か短期の底打ちによる反発なのかはもう少し様子を見てみないと判断の難しいところです。
USA_JPY01o7.gif 
デイトレ結果
posted by 陰陽師 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

春遠し

日経平均株価の続落、米雇用統計悪化、NYダウ大幅安と年初から厳しい状況が続いています。
米指標の悪化と株安を受けてクロス円は軒並み大きく下げていますが、肝心の悪いニュースの源であるはずのドルはドル円で前日比-63銭とそれほど下げていないような気もします。 わーい(嬉しい顔)
ドル円は指標後、107円台に一時突入しかけ、防戦買いにはね返されて118円台Midまで戻していますが、週明けは再び下値試しの展開ではないでしょうか...
ポン円も214円Low
まで落ちてきており今週は政策金利の発表(1/10木)もあって、今回の金利引下げはないというのがおおかたの見方ですが、一部には0.25の利下げという声もあり、市場がこれを意識し始めると下落に歯止めがきかなくなる可能性も否めません。

陰陽師は指標時にポン円下げが遅かったので、成行きで2ロットの売り注文を入れたのですが残念ながら約定せず、直後に急落してしまったのでディールを諦めて状況を眺めているだけでした。ちっ(怒った顔)

ともかく株式にしろ、為替にしろ、年初からこれほど荒れてしまうと、市場の傷が癒えるまでにかなり時間がかかりそうです...

 
posted by 陰陽師 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

こいつぁ〜春から...

新年早々、相場は激しく動きました...
米指標(ISM 製造業景況指数)が弱くNYダウの下落もあり、ドル円は110円割れポン円に至っては一時、220円を大きく割って安値216.36と、一昨年の夏の水準まで戻しています。
とにかく、今年も引き続きドルとポンドが弱いのは間違いのない事実のようです。

ドルは明後日の雇用統計というビッグイベントをひかえ、今年最初の正念場を迎えます。
ドル円では今後、昨年の11/26 107.19を割るようなことになれば、さしたるサポートもなく、底なしの展開に見えます。 がく〜(落胆した顔)
それ以降、直近の最安値は2005年1/17の101.67円となっていますが、ドル円がこの価格を目指すのは決して、非現実的なことではないと思っているのは陰陽師だけでしょうか... わーい(嬉しい顔)

陰陽師の新年のデイトレは、相変わらずポン円のショートで、当日の底値付近からのポジション取りでした。
値頃感からいえば、とても売りの位置ではなかったのですが、譜型は明らかに売りのサインを示していました。
陰陽師は通常ピラミッティングはしないのですが、あまりにも解り易い展開だったので2度の追撃売りを試みています。
初ディールとしては、「こいつぁ〜春から縁起がいいや〜」 といったところでしょうか。手(チョキ)

gbp_0102.gif 
デイトレ結果
posted by 陰陽師 at 10:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は陰陽師の個人的な都合により、ほとんどブログの更新もままならぬ状態でしたが、訪問くださいました皆様方に感謝いたしますと共に、本年も相変わりませぬお付き合いの程、何卒よろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m

家族は「紅白歌合戦」、格闘技オタクの陰陽師は「K-1 Dynamite」視聴というのがここ数年来の大晦日の過ごし方です。
格闘技は、ストリートファイトと違ってルールづけられた喧嘩です...
こういう世界から足を洗って久しい陰陽師ですが、頭で考えるのではなく、鍛え上げた肉体が本能的に反応する男同士の闘いに痺れます。わーい(嬉しい顔)
血湧き肉踊るというのでしょうか、アドレナリンがどんどん噴出する闘いのなかで痛みは全く感じません...
各々、技術にそれほど差がなくとも、格闘技の世界ではその僅かな差が決定的なものとなると同時に、闘う心、折れない心こそが最も重要です
相場の世界でも、この心は必要かも知れませんね...

大晦日のデイトレはしないつもりでしたが、「K-1 Dynamite」終了後、ポン円のチャートを見ると、寄付き高値近辺まで戻しています。
陰陽師の好きな譜型だったこともあり、戻り売りで勝負してみました。
途中、米指標=中古住宅販売件数は+5万件と微増で、大きくは戻してこないとの判断から(販売価格が落ちているとの判断)ポジションは保持を継続しマーケット終了間際に決済、年を跨いだディールでしたが結構な稼ぎとなりました。わーい(嬉しい顔)

GBP11.gif 
デイトレ結果
posted by 陰陽師 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 昨夜のポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。